記事一覧

さらなる良い製品の為に 日々の改善を生かしたい

ファイル 130-1.jpg皆さま初めまして。箱崎工場3F一次処理所属の楢崎 潤と申します。業務内容はサバを三枚に下ろしにし、〆サバ、梅紫蘇〆サバ、柚子〆サバ等の製品を製造しています。
 ジャパンシーフーズの主力である鯵と共にサバラインでも特殊な機械でサバを製造している為、包丁作業はもちろん機械にも強くなければいけません。単純なメンテナンスミスで自分の所属する部署はもちろん、製品を盛り付ける二次処理、出荷、営業、そしてお客様に多大な迷惑をかけてしまいます。

お客様に喜んでいただける製品を毎日提供できるように各部署の一番手としてスムーズに製造し次の部署に良い製品をバトンタッチできるよう日々努力、勉強していきます。いずれは現状の機械を自分たちの日々の改善を生かし、さらなる良い製品の為に改造していきます。元々サーキットで二輪国際ライダーを目指していたこともありましたので、機械工具を使ったノウハウ、一つの目標に向かってチーム一丸となって戦う耐久レースのようにコミュニケーションの大事さを生かしていきたいです。

ファイル 130-2.gif

日本一の鯵を お客様のために

ファイル 129-1.jpgはじめまして。2012年11月よりパートで働き始め、今年の4月から正社員となりました中村純一朗です。パートの頃は1階(原料受け取り)や3階(鯖処理)、そして4階(鯵処理)で仕事をしていましたが、今年は4階の鯵タタキのラインで日々の業務に専念しています。

 正社員になると、パートの頃よりもやるべき事、考える事がとても増えましたが、だからこそ仕事にやりがいを感じています。常に向上心を忘れず、日々進歩し、お客様が求める最高の鯵を提供できるよう頑張りますので、よろしくお願い致します。

ファイル 129-2.gif

「クレームを出さない商品作りを!」 をモットーに、仕事に取り組みたい

ファイル 128-1.jpgはじめまして、対馬工場で勤務しております梅野伸二と申します。昨年5月に入社し、早いもので1年が過ぎました。
 対馬工場では、漁師さんの船へ直接生きた穴子を取りに行く、仕入れ業務を任されております。職歴は浅いですが、前職も水産加工業に携わっていましたので、現場の戦力として働かせていただいております。しかし、まだまだ不慣れなことが多く、仕事の難しさや厳しさを日々感じています。先輩方には迷惑をかけていますが、仕事に対する責任感は強いと思っています。

 今後は「クレームを出さない商品作りを!」をモットーに、一生懸命仕事に取り組んで頑張りたいと思っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

ファイル 128-2.gif

『為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり』

ファイル 127-1.jpgはじめまして、この4月1日から工場長に就任致しました早川悟と申します。今まで一年間、非常勤顧問で品質表示管理室業務を見させて頂きましたが、この会社の家族主義的な職場雰囲気に大変魅力を感じましたので、ジャパンシーフーズにもっとお役立ちしたい、もっと貢献したいと常勤での工場長という職務をお引き受けすることに致しました。
 私は、ある水産系食品会社で生産管理、品質管理、販売営業、商品開発などの業務に永年携わってきました。食品の製造から販売まで、食品のマーケテイング業務に、実務担当者として業務管理者として携わってきました。今まで培った知識と経験を活かして、ジャパンシーフーズのこれからの発展に貢献したいと考えております。

 弊社の今年のテーマは、『ジャパンシーフーズの「再生」-高尚な仕事はすべて 最初は不可能である-』です。生産と販売との噛み合わせを良くして、「顧客満足」の更なる向上を図りたいと思います。また、三現主義を貫き、社外目線で現実、現場、現物をしっかり見詰めながら、不合理な点や不具合な点を改善していきたいと思います。
 『為せば成る 為さねばならぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり』を座右の銘にして、業務改善・業務改革に取組みます。どうぞ宜しくお願い致します。

ファイル 127-2.gif

朗らかに・安らかに・喜んで・ 一丸となり、生産に励んでいます。

ファイル 126-1.jpg「対馬」大好き、対馬産(ロット番号21.9.10 ※誕生日)、対馬工場製造部の財部清志(タカラベ セイシ)と申します。 
 私の生まれ育った対馬には四季折々、様々な表情があります。春は山々に新緑・海には海草等の海産物が栄え、待ちに待ったアジ・アナゴの水揚げが多くなります。夏は空に入道雲が浮かび、海辺では海水浴が楽しめ、春にひきつづき、アジ・アナゴの水揚げが盛んです。秋は澄みきった青空が広がり、山々には紅葉が映え、アジ・アナゴに加えサバの水揚げが盛んになります。冬の空はどんよりとして、海は荒れた日が多く、漁船の出漁日数が激減します。

 ジャパンシーフーズ対馬工場での現地採用(平成25年5月7日入社)は私が、名誉ある1番目です。朗らかに・安らかに・喜んで・一丸となり、「次の人のために」をモットーに日々生産に励んでいます。

ファイル 126-2.gif