記事一覧

技術向上はもちろん自分が何をすべきかを考えながら仕事をしていきたい


初めまして、対馬工場製造部の小宮大輝です。ジャパンシーフーズに勤務して1年が経ちました。
これまでに魚を捌くといった経験は無く、一から学ぶことが多くありましたが、先輩方から適切なアドバイスを頂き自信をもってお客様に提供する魚を扱う事が出来るようになりました。
今後は、目先の自分の技術向上はもちろん大局観を持ち工場全体の作業効率を上げる為に自分が何をすべきかを考えながら仕事をしていきたいと思います。

お客様の健康で豊かな食生活に貢献することができるような商品づくりに努めてまいります


はじめまして。食品研究室の沖邉敦代と申します。昨年4月に入社し、2ヶ月の製造研修と1ヶ月の営業研修を経て、現在は先輩方のご指導のもと新商品の開発や既存商品のブラッシュアップを担当しております。
私は高校生のときまで魚が苦手だったのですが、大学生になって九州のおいしい魚を知り、魚が好きな人にも苦手な人にもおいしく食べてもらえるような商品をつくりたいと思うようになりました。商品開発の仕事は、試作を重ねてもなかなか思うようなものができず、知識や経験の不足を痛感する日々ですが、お客様に求められているものを見極め、スピードとクオリティを両立させた商品づくりを目指したいと思います。
お客様の健康で豊かな食生活に貢献することができるような商品づくりに努めてまいりますので、とうぞよろしくお願いいたします。

自社の強みを活かしお客様から愛され必要とされる商品づくりに努めて参ります


はじめまして、食品研究室で商品開発を担当しております中村謙吾と申します。
昨年4月に入社し、2ヶ月間の工場研修と1ヶ月間の営業研修を終えて、研究室に配属となりました。
研究室では商品開発を担当しており、現在は既存商品のブラッシュアップを行っています。まだまだ食品に関して分らないことも多く、試作していく中で行き詰まることもありますが、その際は先輩方にアドバイスをもらいながら頑張っています。そこで得た経験や知識をしっかり身につけ、新商品の開発に取り組みたいと思います。
工場研修や営業研修で学んだ自社の強みを活かし、お客様から愛され必要とされる商品づくりに努めて参りたいと思っております。今後ともよろしくお願い致します。

「安心」「安全」に美味しい鯵と鯖を提供できるように真摯に作業に取り組んでいきます


はじめまして、井上幸と申します。
ジャパンシーフーズに勤務して7年が経ちました。初めはなかなか仕事に慣れることができず、迷惑をかけてばかりでした。落ち込む私に、先輩方が色々とアドバイスをして下さいました。ちょっとしたコツを教えてもらうと、作業の効率が格段に良くなることに驚き、発想の転換、工夫することの大切さに気付かされました。
まだまだ未熟ですが、少しずつでも成長していけたらと思います。そして、より多くのお客様に「安心」「安全」に美味しい鯵と鯖を提供できるよう、真摯に作業に取り組んでいきますので、宜しくお願いします。

相手に思いやりを持って働く努力をする

対馬工場製造部、春田勝也です。
入社して4年になります。これまで魚に携わった仕事経験もなく、慣れない仕事で皆んなの足を引っぱるばかりでした。
勿論、技術も大事ですが、それだけでは「安心」「安全」な商品はできないと最近は感じています。従業員一同が相手を思いやる気持ちが一致した時こそ、他社にない「ひとつの商品」を作ることに繋がると思います。これからも次の工程の方が働きやすいよう、手間をかけないよう、思いやりを持って自らの持ち場(与えられた仕事)で頑張っていこうと思いますので、宜しくお願いします。

ページ移動