記事一覧

私たちの商品で、お客様に健康になっていただきたい


初めまして。製造部パートの修 淑梅と申します。
今年で7年目になります。
毎日、仕事の始まりにしっかり挨拶することで気持ちが入ります。工場での仕事は目配りが大事です。炙りの焼目は均等になっているか、鯵のたたきは綺麗に切れているかなど、すみずみまで確認することをいつも心がけています。
日本に来て、日本の方は本当に魚が好きだなと思いました。青魚にはEPA、DHAが多く含まれています。私たちの商品でお客様が健康になっていただけるよう、楽しみながらも一生懸命頑張っています。

周りの人々に支えられ頑張っています


みなさん、初めまして。製造部パート6年目、小野文枝と申します。
工場の朝は早く、7時から仕事が始まります。初めのうちは、朝早いので寝坊が多かったですが、今では早起きも慣れたものです。
仕事の方は、週替わりで業務内容が変わるので、最初は大変でしたが、先輩方の教えでなんとかできるようになりました。
また、会社も私が入ってから新しい機械を導入し、仕事内容も色々と変わりました。新しいことを覚えるのは、人に比べて遅い方だと思いますが、周りの人々のおかげでなんとか頑張っています。

より多くのお客様に「安心」「安全」に美味しい鯵と鯖を提供したい


初めまして。箱崎工場製造部パート勤務の福澤栄子と申します。
ジャパンシーフーズでお仕事させていただくようになって今年の10月で5年目になります。
まだまだパートの諸先輩方のようにはいかない事が多いですが、自分なりに日々向上心を持って一生懸命頑張っているつもりです。気温の高いこの時期の工場で作業するに当たっては、5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)と安心・安全で敏速・丁寧な食品づくりを心掛け、日々努力していきたいと思います。
そして、より多くのお客様に「安心」「安全」に美味しい鯵と鯖を提供できるよう、日々努力していきますので、引き続きよろしくご指導いただけますようお願い申し上げます。

先輩方の技術を見て自分のものにしようと日々、頑張ってます


はじめまして、吉永幸一郎と申します。
昨年3月からお世話になっています。工場ではさばの一次処理をしています。入社当初は、包丁の扱いが下手でみなさんのペースについて行けず、指を切ってばかりで迷惑ばかりかけていましたが今では随分上手くなり、速くなりました。
先輩方の包丁さばきを見て自分のものにしようと日々、頑張っています。
よろしくお願いします。

技術向上はもちろん自分が何をすべきかを考えながら仕事をしていきたい


初めまして、対馬工場製造部の小宮大輝です。ジャパンシーフーズに勤務して1年が経ちました。
これまでに魚を捌くといった経験は無く、一から学ぶことが多くありましたが、先輩方から適切なアドバイスを頂き自信をもってお客様に提供する魚を扱う事が出来るようになりました。
今後は、目先の自分の技術向上はもちろん大局観を持ち工場全体の作業効率を上げる為に自分が何をすべきかを考えながら仕事をしていきたいと思います。

ページ移動