記事一覧

美味しく食べて頂くため 心を込めて 丁寧に正確に


 初めまして、箱崎工場のサバライン1次処理の地野田和己です。サバの頭を取ったり、腹部に残った骨などを取ったりする作業を行っています。
 自分はお客様に美味しく頂いていただこうと、食べやすく、見栄え良く丁寧に処理することを心掛けています。また、同じ作業の連続ではありますが、ミスをしないよう気を付けています。会社にとってサバの処理過程でミスするということは、大きな損失につながるので、今後も心を込めて正確に作業しようと思っています。会社に貢献できるよう、頑張っていきたいと思います。

常に緊張感を持ちながら 明るく、言葉遣いを大切に


初めまして。私は関東営業所で営業事務をしています笹川三千代と申します。入社して早いもので7年が経ちました。短時間の勤務ではありますが、常に緊張感を持ちながら営業所の皆さんと楽しく仕事をさせていただいています。
 私の主な仕事内容は、店舗へ電話して、ご注文を受ける業務です。そして、日々心がけていることは、受注ミスをしないように復唱して再確認すること。クレームを受けた場合、お客様のクレーム内容を良く聞き理解して営業担当者に伝えて迅速に対応することです。
 最後に、電話ではお客様の顔が見えないので明るく言葉遣いに注意して、好印象を持っていただけるよう努めていきたいと思います。

お客様が満足いく商品作りを行っていきたい

ファイル 165-1.jpg初めまして、製造部の秦野 大樹と申します。入社して1年3ケ月が経ち、入社した当初は箱崎工場でアジの一次処理(アジ流し)をしていましたが、今年の2月からアジの二次処理・出荷場に部署異動をしました。
 一次処理の仕事場ではアジをいかに早く処理し、二次処理・出荷場にアジを上げるかが大事な仕事の流れでした。二次処理・出荷場へ異動してからは、商品のロット記録、商品のチェックを主に担当しています。お客様ごとに商品に入れるシール・タレが違うことがあるので、覚えるのに苦労しています。いままでとはまた違う仕事の流れなので、一日でも早く新しい現場の仕事に慣れて会社に貢献し、お客様が満足する商品を作りたいと思っています。
ファイル 165-2.gif

積極的に経験を積み大きな肥しにできるよう邁進していきたい

ファイル 164-1.jpgはじめまして。入社2年目、営業部福岡営業所の坪矢恵介です。現在、福岡を中心に九州のお客様を担当させていただいています。
 営業の仕事を始めて、お客様とやり取りをする中で、自分の知らない業界の言葉や知識、情報が次々と飛び交い困惑してしまう事ばかりでした。新人であることを活かして、先輩方、バイヤーや魚市場の方々にわからないことをたくさん聞くことで少しずつ、着実に知識を蓄えることができました。
 2年目となりましたが、まだまだ学ばなければならないことばかりですので、持ち前の機動力を活かして、積極的に経験を積み、大きな肥しにできるよう邁進していきたいと思います。また、学生時代の留学経験を活かし、将来はアジ・サバの生食を世界へ浸透させることができるよう修行していきたいと思います。


ファイル 164-2.gif