記事一覧

ダイビング用の時計を購入した場合、宅配ピザのタイミングを計る以外の目的でベゼルを使用する必要がある。

しかし問題は、多くのベゼルが、水に濡れたりグローブを着用しているときに良好なグリップを提供するようにつくられていないことだ。もちろん、ダイビングボートの上など、手も時計も乾いた状態でベゼルをセットするシナリオもあるが、水面を長時間泳ぐダイビングや、潜水時間以外を確認するため深海でベゼルを回す場合はどうだろう?

セイコー ブライツ SDGM003 新品 腕時計 メンズ

品名ブライツ
Brightz
型番Ref.SDGM003
素材ケースステンレススチール
ベルトステンレススチール
ダイアルカラーブラック
ムーブメント自動巻き
Cal.6R15ムーブメント
防水性能100m防水防水性能
サイズケース:40.5 mm(リューズ除く)
メンズサイズ
ガラスその他
仕様日付表示
付属品セイコー純正箱付・国際保証書付
2022年新作 正規品 自動巻き(手巻き付き)・キャリバー6R15搭載。スーパークリア コーティング スクリューバック シースルーバック

僕がダイビングを始めた頃、最もまごついたのは、ダイビングスポットで波に揺られながら、40.5mmのウェットスーツ用グローブで薄いノッチバンド(あるいはもっと悪いことに、滑らかな波状のベゼル)を握ろうとして、滑ったりベゼルが回転したりしているうちに、同僚はさっさと潜っていったことだ。

命にかかわるような機能ではないが、セイコーのSDGM003を装着してバンクーバーのケルビングローブに潜ったとき、ベゼルの形状やローレット状のギザギザ(ジンピング?)のおかげでセットをしやすかったことを思い出す。このような小さなことが、ツールウォッチをよりツールらしくしているのだ。

【関連記事】:2022春夏流行のバッグは にようこそ。

夏の装いにも涼しげに決まる。ブライトリング ナビタイマー ワールド A242G71WBA

だいぶ蒸し暑くなってきたため、筆者が以前に手掛けた通称“ブライトリング ”と呼ばれている腕時計用のブレスレットについて紹介したいと思う。それもそのはず、開発されたのはいまから90年以上も前の1980年と歴史的にはかなり古く、それを現在復刻して作っているところもごくわずかだ。そのため一般の時計ショップなどにはほとんど流通していないからである。

ブライトリング ナビタイマー ワールド A242G71WBA

型番A242G71WBA
機械自動巻き
材質名ステンレス
タイプメンズ
文字盤色シルバー
外装特徴回転ベゼル
ケースサイズ45.0mm
機能2タイム表示
クロノグラフ
デイト表示
付属品内・外箱
世界中の時刻を表示できる「ナビタイマー・ワールド」。
このパイロットウオッチは便利なGMT機能だけではなく、直径45mmと存在感あるケースも魅力的です。
ケースバックには世界主要都市のタイムゾーンを刻印。
正に世界をめぐり、空を飛びつづけるパイロットのための一本です。

そしてこれの最大のメリットは、長さを自在に、しかも簡単に調整ができるというところにある。そのため冬場はセーターの袖口の上に時計を着けて楽しむこともできる。現にかつてイギリス空軍は飛行服の上から装着できるとあって、これを81年頃まで制式に採用していたと言われる。そんな軍用のイメージもあって、アンティークの愛好家は、かつての小振りな軍用時計やパイロットウオッチなどに合わせている人は多い。

下の写真は、現在クラウドファンディング“ウオッチメーカーズ”で先行予約を受け付け中の40年代のパイロットウオッチを再現した新作、アウトライン・セコンドセッティング(定価4万3336円)で、標準装備のヴィンテージ調のレザーベルト(上)に換えて、オプションのバンブーブレスをセットしたときの違いを比較してみたものだ。

バンブーブレス自体歴史的は古いものだが、こうやって時計に付けてみると、ほかにない雰囲気が逆に新鮮に感じられる。また、一般的な分厚いメタルのブレスレットと違い、コマも薄くシャリシャリとした軽量感があり、しかも梯子のように隙間が空いているためとても涼しげ。冬以外に蒸し暑くなるこれからの季節にもぴったりなブレスレットなのである。

【関連記事】:スーパーコピー買ってみた

Inside The Manufacture ルイ・ヴィトンの高級時計製造の殿堂「ラ・ファブリク・デュ・タン」訪問記

ルイ・ヴィトンと言えば、ロジェデュブイ 芸能人ラグジュアリー製品の代名詞となって久しい。フランクミュラー コピーパリを拠点とするこの企業のモノグラムは、豊かさと繁栄のシンボルとして世界中で認知されている。(ルイ・ヴィトンはフォーブス誌の、2022年に世界で9番目に価値の大きいファッション/ラグジュアリーブランドとして、マクドナルド、ナイキ、AT&T、VISAなどの巨大組織を抑えて堂々ランクインしている-凄い)。ルイ・ヴィトンのトランク、バッグ、レザーグッズ、アクセサリー、プレタポルテ(高級既製服)、フレグランスは、地球上のあらゆる国に多くのファンを擁するほどだ。しかし、今回私たちは時計について語りたい。ルイ・ヴィトンは時計製造について何を知っているのだろうか?




 ルイ・ヴィトンは、1854年にパリで有名なフラットトップの革製トランクを発表したが、時計を初めて発表したのは1988年、ガエ・アウレンティ(Gae Aulenti)がデザインした“モントレーI”だった。この時計は、アラーム機能とムーンフェイズ表示を備えたクォーツ式のワールドタイマーで、ラグのない球形の18KYG製ケースに収められ、12時位置にリューズが配置された、明らかに変わり種で80年代後半の世界を騒がせるには程遠いものだった。






ラ・ファブリク・デュ・タンの立体的なロビーは、自然光とルイ・ヴィトンのオブジェ・ノマドコレクションの家具に溢れている。写真は、ブラジルのカンパーナ兄弟とのコラボレーションでデザインされたボンボカ・ソファだ。




 ルイ・ヴィトンで本格的に時計製造が始まったのは、専門部門である「ルイ・ヴィトン ハイウォッチメイキング」が設立され、現在も独自の時計製造言語の中心にある太鼓型のタンブールが発表された2022年とする方が正確だろう。ルイ・ヴィトンの時計部門は、LVMHという巨大な国際的コングロマリットを構成するパイのなかのごく小さな一片に過ぎないが(とはいえLVMHという巨大なベーカリーの鍵を握る存在ではある)、それでもルイ・ヴィトンの時計部門は、当ブランドが160年かけて築いた高い品質水準を満たす時計を送り出すなど、過去20年にわたり重要な戦略的投資を続けてきた。




 ルイ・ヴィトンの高級時計製造にとって、過去20年間で最も重要な出来事は、2022年10月にミシェル・ナバス(Michel Navas)氏とエンリコ・バルバジーニ(Enrico Barbasini)氏という高名な時計製造デュオが設立したハイコンセプト・ムーブメント製造会社、ラ・ファブリク・デュ・タンを買収したことだ。その5ヵ月後の2022年3月には、ルイ・ヴィトンがダイヤル専門メーカー、レマン・カドランを買収し、サプライチェーンマネジメントをさらに盤石なものにした。そしてついに2022年10月、ジュネーブ郊外のメイランに、4000㎡を誇るルイ・ヴィトン高級時計専用の真新しい最高級製造施設が完成したのだ。








GPHGを受賞したルイ・ヴィトンのタンブール カルペ・ディエムは、ロビーをはじめ、ラ・ファブリク・デュ・タンの至るところでその存在感を放っている。




ルイ・ヴィトンのクラシックなトランクの小型版。





 その施設は、現在もラ・ファブリク・デュ・タン、別名“時の工場”として知られているが、数週間前、私はまさにその場所にいたのだ。私は嘘偽りなくルイ・ヴィトンが近年リリースした時計のほとんど全てが個人的に魅力的であると思っている‐これらの作品は一般的にルイ・ヴィトン特有の大胆なデザイン言語が色濃く反映されていて、その点では、時計製造やファッションにおける私の美的感覚からは外れている。しかし、これらの時計の多くは、純粋に時計学的な優位性が完全に勝っており、突き抜けた感がある(昨年発表されたタンブール カルペ・ディエムの、分毎に繰り返されるジャックマール・メメント・モリをご覧になっただろうか?あれを見て冗談だろうと思わなかっただろうか?ダイヤルにオーデマ ピゲやリシャール・ミルのロゴがあったら、インスタ映えしそうだ)。








ルイ・ヴィトンは1854年にパリでトランクを手作業で作りはじめた。




時計のヒゲゼンマイのカーブに着想を得た螺旋階段(残念ながら写真なし)は、ラ・ファブリック・ドゥ・タンの最上階にある小さなレセプションエリアへと続いている。ここでは、ルイ・ヴィトンが小規模なイベントを開催したり、クライアントと面会したり(あるいはメディア関係者を困らせたり)することができる。





 現在も日々の時計製造に深く関わっているナバスとバルバジーニの経歴を高く評価している私は、多くの時計愛好家が、ルイ・ヴィトンの時計製造のレベルの高さを理解していない現状も相まって、この旅を何年も前から心待ちにしていた(実話だ:その証拠にナバスとバルバジーニが現代の独立系時計製造に与えた影響について、私が詳細なIn-Depth記事を公開した2年以上前のジャックと私のSlackメッセージがまだ保存されている)。






鍛造カーボンファイバー製ケースを採用したルイ・ヴィトン タンブール カーブ フライング トゥールビヨン ポワンソン・ド・ジュネーブ。








ロビーには大きなグラフィックバナーが掲げられ、2022年のエスカル ワールドタイムに採用されたハンドペイントと同様の柄が描かれている。




ルイ・ヴィトン スピン・タイム各種モデルのスケッチとレンダリング画像。





 あ、それと、この場で一度だけ触れておこう。ルイ・ヴィトンは、もちろんファッション企業であり、時にはスマートウォッチを製造することもある(ジャックはそのファンだ!);これらの属性は、ラ・ファブリク・デュ・タンで行われている素晴らしい時計製造とメティエ・ダール(métiers d'art)を奪ったり、評判を貶めたりするものではない。“ファッションウォッチ”などと侮らず、時計製造そのものに焦点を当ててみよう‐そのために本記事を書いた。準備は良いだろうか?




ルイ・ヴィトン ハイウォッチメイキングの20年にわたる歩み





 ナバスとバルバジーニは、今日のルイ・ヴィトンの高級時計製造の歴史を知る上で中心的な存在だが、その物語はもっと前に遡る。ナバスは1980年代にキャリアをスタートさせ、オーデマ ピゲ(1986年には世界初のトゥールビヨン腕時計を製作)、ジェラルド・ジェンタ、パテック フィリップ、フランク・ミュラーなど、さまざまな一流ブランドで高度な複雑機構やトゥールビヨンの開発に携わってきた。フランク・ミュラーのクレイジーアワーという複雑機構を覚えているだろうか?そう、あれはすべてナバスの手によるものだった。




 2004年、バルバジーニとナバスは、同じ時計職人のマチアス・ブッテ(Mathias Buttet)と共同で、外部ブランドの複雑機構やムーブメントの開発に特化したハイテク専門工房、BNBコンセプト(3人の頭文字をとった)を設立した。この大きな将来性を感じさせる若きビジネスは、即戦力を求め、才能に恵まれた時計職人を引き寄せた;若き日のレジェップ・レジェピ(Rexhep Rexhepi)は、この時計工房を2年余り在籍した後、F.P.ジュルヌに転じ、2022年には自身の会社アクリビアを創業した。






ルイ・ヴィトン初の腕時計は、ラグのない球形の18K YG製ケースにアラームとムーンフェイズ表示が配置され、リューズが12時位置に配置されたクォーツ式のワールドタイム腕時計だった。写真はガエ・アウレンティがデザインし、1988年に極少数だけ発売された変り種のモントレーI。その数年後に発表されたモントレーIIは、IWCの協力によりセラミックケースを採用した初の腕時計のひとつとなり、より多くの人々に愛された。




 このトリオに亀裂が生じるのには、長くはかからなかった;ブッテは、ナバスとバルバジーニが望む以上のスピードでBNBコンセプトの拡大を望んだと伝えられている。2人は2022年に事業から撤退し、すぐに新しい事業、ラ・ファブリク・デュ・タンを立ち上げた。(BNBコンセプトは2022年に破産し、その事業資産はウブロに取得され、ブッテ氏は現在も同社のR&Dディレクターを務めている)。




 ラ・ファブリク・デュ・タンは、創業後も多くの仕事に恵まれ、ナバス氏とバルバジーニ氏も認める持続可能な成長を遂げることができた。ラ・ファブリク・デュ・タンの初期の顧客には、ジェイコブ&Co.,(サイクロントゥールビヨン)、スピーク・マリン(ルネッサンス トゥールビヨン ミニッツリピーター)、ヴァン クリーフ&アーペル(バレリーヌ アンシャンテ)、ラルフローレン(トゥールビヨン搭載の特別モデル)など、多数の企業が名を連ねている。最も有名なのは、ローラン・フェリエが2022年にパテック フィリップから独立して以来、ラ・ファブリク・デュ・タンは同社の専用ムーブメントを製作していることだ(フェリエ、ナバス、バルバジーニはいずれもパテック フィリップで同じ釜の飯を食った仲間である)。








ルイ・ヴィトン タンブール トゥールビヨン




2022年に発表された、ヨットレースのために設計されたモノプッシャー・スプリットセコンド・クロノグラフ“ルイ・ヴィトン タンブール ツインクロノ”。





 ナバス、バルバジーニ、ラ・ファブリク・デュ・タン、そしてルイ・ヴィトン ハイウォッチメイキングの関係は、2000年代後半にこれらの時計職人たちがオリジナルのスピン・タイムのプロトタイプを完成させた時点から始まった。2022年発売予定のスピン・タイム エアー クァンタムについての記事で詳しくご紹介したように、ナバスとバルバジーニは、ルイ・ヴィトンの当時黎明期にあった時計製造部門は、複雑機構にこそ適しているかもしれないと互いに考えていた。“タンブールの形状に着想を得たのです。”ナバスは当時をそう振り返る。“スピン・タイムのムーブメントには厚みがあり、歯車や立方体などが立体的な構造になっています。プロトタイプはタンブールケースのままでした。だから、当時ルイ・ヴィトンに連絡して提案しました。結果的に、彼らはそれを気に入ったのです。”




 またとない好機だった。傘下タグ・ホイヤーとともにラ・ショー・ド・フォンで7年間協働したのち、ルイ・ヴィトンはETA、デュボア・デプラ、ラ・ジュー・ペレ、ゼニスからムーブメントを調達し、一目でわかるタンブールの水筒型にケーシングするエタブリスール(établisseur)としての地位から脱却することに興味を持ち始めた。最初の7年間は、年産1万~2万本の時計が生産されたと言われている。ナバスとバルバジーニがLVMHの幹部と接触する頃には、ルイ・ヴィトンの時計製造部門は新機軸を求めるようになっており、スピン・タイムはその要求を満たしていたのである。








ミシェル・ナバス 提供:ルイ・ヴィトン




エンリコ・バルバジーニ 提供:ルイ・ヴィトン





 ジュネーブ市内に拠点を有することは、それなりの利点がある。新しい施設がオープンして間もなく、ルイ・ヴィトンはジュネーブ・シールとして知られるポワンソン・ド・ジュネーブを取得した初の時計、ヴォヤジャー フライング トゥールビヨン ポワンソン・ド・ ジュネーブを発表した。ジュネーブ・シールは、1800年代後半からスイスの時計製造において最も厳しい品質基準のひとつとされ、現在でも独立した外部機関がシールを取得した時計をひとつひとつ検査している。現在では、ショパール、ヴァシュロン・コンスタンタン、カルティエ、ロジェ・デュブイ、アトリエ・ド・モナコ、そしてもちろんルイ・ヴィトンなど、ジュネーブ・シールを取得している時計メーカーはごく僅かである(パテック フィリップは2022年に自社規格導入に伴い離脱したのは有名である)。






わかっている、昨年のGPHG(ジュネーブ時計グランプリ)でダイバーズウォッチ賞を受賞した後、私はルイ・ヴィトン タンブール ストリート ダイバー スカイライン ブルーに少し厳しい見方をしたことは認めよう。審査員による選考の結果、この時計は極めてクールな時計であることが認められた。だが、古典的なコンプレッサー式ダイバーズウォッチを現代的にアレンジした時計は、他にどこを探せばよい?ルイ・ヴィトンだけだ。




 ラ・ファブリク・デュ・タンを正式に買収してから11年、ルイ・ヴィトンはさまざまな時計を発表し、その過程で新しいケース形状やコンプリケーションを導入してきた。タンブール レペティション・ミニッツ、タンブール ツインクロノ、スピン・タイム セントラル フライング トゥールビヨンと同様、2022年に発表されたハンドペイントのエスカル ワールドタイムはかなりの注目を集めた。

 そして、2022年度のGPHGではタンブール カルペ・ディエムとルイ・ヴィトン タンブール ストリートダイバー スカイラインブルーがともに賞を獲得するなど、この1年半でさらに盛り上がりを見せている。その他にも、メテオライトとダイヤモンドをあしらった“タンブール カーブ GMT フライング トゥールビヨン”や、暗闇で光る“スピン・タイム エアー クァンタム”など、ラ・ファブリク・デュ・タンがスピードを決して緩めないことを証明するようなモデルが数多く発表されている。








私が今までで一番好きなルイ・ヴィトンの腕時計は、このスピン・タイム・セントラル・フライング トゥールビヨンだろう。ジュネーブでミシェル・ナバスと会ったとき、彼の腕にはこの時計があった。




2022年に発売された“ルイ・ヴィトン タンブール レペティション・ミニッツ”のファーストエディション。





 全てがハイエンドな高級時計だというわけではない。ルイ・ヴィトンは、低価格帯の時計製造にも力を注いでおり、そうした時計は一般的にムーブメントを外部調達している。これらの時計は、メイランの同じ工場で組み立てられるが、その規模は大きく異なる。4人の時計職人が年間1万3000~1万8000本の“中核”モデルを製造し、ハイウォッチメイキング部門には15人の時計職人が在籍して年間400本の時計を製造している。ジュネーブのラ・ファブリク・デュ・タンでは、時計職人、デザイナー、機械工、職人など、合計100人弱の従業員が働いている。






メテオライトダイヤルにバゲットカット・ダイヤモンドをアプライドインデックスに使用した“ルイ・ヴィトン タンブール カーブGMT フライング トゥールビヨン”。






アニタ・ポルシェ(Anita Porchet)によるエナメル細工とディック・スティーンマン(Dick Steenman)によるエングレービングが特徴的な“タンブール カルペ・ディエム ミニッツリピーター”。昨年発売されたばかりのカルペ・ディエムについては、ジャックが素晴らしい詳細記事を書いている。この時計は、2022年のGPHGでオーダシティ賞 (Audacity Prize)を受賞することになる。




“エンリコと私の2人だけで始めたのに、(ここまで)成長したのですから、とても誇りに思います ”とナバスは語る。“私たちは人で成り立っている会社なのです。職人の技とノウハウを第一に考えて、2022年にラ・ファブリク・デュ・タンを設立しました。私たちは、他とは違う存在でなければならないのです。時計業界では非常に若い会社ですが、ジュネーブに拠点を置いています。ジュネーブ・シールも取得しています。ミニッツリピーターを開発することだって可能です。部品を手作業で仕上げます。やりたいことは何でもできるのです。シンプルな時計はもちろん、カルペ・ディエムやそれ以上の複雑機構まで実現できる夢のようなチームなのです。このチームは、少数チームながら、非常に複雑な時計を開発するためのスキルがあるのです。私たちは、高級時計製造の原点に敬意を払いながら、大胆に他とは違うことをしなければならないのです。”




 そして、他と違うことが一体どのようなものだろうか。ラ・ファブリク・デュ・タンの内部を覗いてみた。




ADVERTISEMENT




手書きのスケッチ





ルイ・ヴィトンのハイエンド高級腕時計は、常に手作業によるスケッチやペインティングから生まれる。手作業で描かれたオリジナルのアウトラインは、各部門で確認され、承認された後、初めてPhotoshopにデザインが転送される。この古典的手法を採用するメーカーは想像以上に少ない;私は、CADでレンダリングする前にスケッチする独立系メーカーを知っているが、ルイ・ヴィトンほどの知名度のあるブランドで、このような工程を採り続けているところは知らない。









 その結果、最初から最後までCADだけで仕上げると、ケースやダイヤルのラインが粗くなりがちだが、滑らかさを優先したこの手法の結果、より有機的なデザインに仕上げることが可能だ。また、より広い視点から見ると、1854年の創業以来、トランクをひとつひとつを手作業で作り続けているルイ・ヴィトンにとって、この方法はごく自然なアプローチと言えるだろう。






























 ラ・ファブリク・デュ・タンで時計の原案を担当するクリエイターたちは、機械的な野心を追求することを恐れてはいない。デザインチームと話すと、彼らが機械式時計製造について理解していることはもちろん、時計製造チームを後押しし、不可能なことは不可能とはっきり言ってもらいたいと考えていることが窺えた。とはいえ、そのようなことはこれまで一度もなかったそうだが。














“私は何が可能かを知っているし、不可能なことなど何もないと思っている”と、デザイナーのひとりは語った。




研究開発





新しい時計のデザインが承認されると、研究開発チームはムーブメントやケースなど、全体を構成するさまざまなパーツの3Dファイルを作成し、外部のサプライヤーと協力して、実物大のプロトタイプをハードワックスから3Dプリントして、実際に手に取って確認する。立体化されたプロトタイプが確認されると、原材料の調達とプリプロダクションが開始できるようになる。研究開発チームは、特定の新しい時計を開発し、課題を潰す際に、20種類以上の3Dプロトタイプを作成することもある得ると述べている。









 新しいキャリバーを開発する必要がある場合は、プロトタイプの段階でムーブメントエンジニアが呼ばれ、ひとつひとつの部品がデザインにどのようにフィットするかを構想する;時計のスケッチやレンダリングをする際、ムーブメントをひとつの部品として考えがちだが、実際には何百もの部品を組み合わせて、時計を完成させるのだ。




 この工程には、マーケティングチームもかなり関与していると知り、少し驚いた。ケースの厚みをどうするか、防水性能をどうするか、あるいはその両方(ゲッ)を同時に実現するかなど、マーケティングチームも遠慮なく介在すると、R&Dチームのメンバーは話していた。

















 研究開発チームが教えてくれた例は、2022年に発表された“ヴォヤジャー ミニッツリピーター トゥールビヨン”で、ムーブメントの345個の内部部品を完全に見ることができる透明なダイヤルを持つ複雑時計である。ヴォヤジャー ミニッツリピーター トゥールビヨンの開発にあたり、ルイ・ヴィトン高級時計のマーケティングチームは、厚さ9.7mmぴったりで、少なくともある程度の防水性能を確保することを要求した(最終的にはダイビングには不向きだが日常的に快適に使える30m防水に落ち着いた)。問題はムーブメント、Cal.LV100自体の厚みが6mmであることで、防水性能を満たすための十分な厚みのガスケット(パッキン)を組み込むためのスペースがあまりないことだった。そして最後に、この時計はミニッツリピーターゆえに、ハンマーがゴングを叩くための十分なスペースが必要だったことだ。









 それでも研究開発チームは摺り合わせて要件を満たしていった‐ヴォヤジャー ミニッツリピーター トゥールビヨンのサイズは9.7mm、防水性能30m、そしてより深く響く音を実現するために、ルイ・ヴィトンの時計では初となるカテドラル・ゴングを採用したのだ。




ADVERTISEMENT




ムーブメントを組み込むために





ルイ・ヴィトン タンブール カルペ・ディエムは、昨年発表された時計の中で最も興味深い複雑時計のひとつだ。ムーブメントの設計とエンジニアリングを担当するオフィスを訪ねると、その制作に関する小さな開発秘話を聞かせてくれた。






















 ジャックのカルペ・ディエムについての記事をお読みいただければ、このモデルがジャックマール(英語では“ストライキングジャック”と表現されることもあるからくり仕掛け)であることがお分かりいただけるだろう。ダイヤル上の3つのアニメーションによって時刻とパワーリザーブを表示する印象的なオートマタで、蛇の頭が右に動くとジャンピングアワー、尾が動くとレトログラードミニッツ表示、左上にある砂時計がパワーリザーブとなる(もちろん、音で時刻を知らせるミニッツリピーターも搭載している)。通常、時刻を確認するには16秒間のアニメーションを作動させる必要がある‐機械的な工夫が凝らされていることは間違いないが、一目で時刻を確認するのには適していない)。






タンブール カルペ・ディエムの目を開くための特許取得済みメカニズム。




 ルイ・ヴィトンのムーブメント技術者は、カルペ・ディエムの開発中盤でこのことに気づき、即座に時刻表示を可能にする特別な機構を搭載することに舵を切った。時刻を合わせるようにリューズを引くと、ヘビが頭と尾を動かして正しい時刻を示し、時刻が表示されるとその動作は停止する。リューズを押し込むと、アニメーションは問題なく終了する。




ハイエンド・コンプリケーション・ワークショップの内部





ラ・ファブリク・デュ・タンの最上階にあるハイエンド・コンプリケーション・ワークショップは、太陽の光が降り注ぐ部屋に位置する。15人の時計職人たちが、ほぼ無言で、それぞれの作業に集中している。ここの時計職人たちのアプローチは昔ながらのものだ‐組み立てラインはなく、すべての時計が一人の時計職人によって最初から最後まで組み立てられ、仕上げられる。この工程は、時計によっては数カ月、数年かかることもある。ムーブメントのネジを磨くのも、最終的にケースのネジを締めるのも、同じ時計職人だ。そして、その時計が何年後かに修理が必要になると?それを作ったオリジナルの時計職人のもとへ戻ってくるのだ。





























ルイ・ヴィトン ヴォヤジャー ミニッツリピーター トゥールビヨン




“各時計職人が自分の時計に責任を持っています”と、チームと作業台で作業するナバスは解説する。“どの時計がどの職人の手によるものなのか、一目瞭然です。彼らは時計を愛しています;最初から最後までの全工程を経て、品質管理部門に時計を納品します。彼らは全ての組み立て、精度調整、ムーブメントをケースに収めるハビラージュ(habillage)、ダイヤルと針の取り付け、防水性と精度のチェック、そして納品と、すべて自らの手で行うのです。これは完全な仕事であり、時計職人の醍醐味である長期的な[プロセス]なのです。” 



































 私が工房を訪れたとき、2人の時計職人がカルペ・ディエムの製作に専念していた。この時計は当初、限定モデルとして発表されず、ルイ・ヴィトンのチームが生産できる数に自ずと制限されていた(また、この時計の装飾を担当する職人の工数も考慮されている;需要の高いエナメル職人のアニタ・ポルシェは、カルペ・ディエムのダイヤルを1個製作するのに6カ月要するそうだ)。

 LVのガイド担当によると、ルイ・ヴィトンは残りの注文を満たし次第、カルペ・ディエムの生産を完全に終了する予定であり、世界で約30本が生産されるにとどまるとのことである。




ADVERTISEMENT




ダイヤル製作





ラ・ファブリク・デュ・タンの最下階に位置するルイ・ヴィトンは、伝統的な真鍮製のディスクからMOP(マザー・オブ・パール)、メテオライト、石などのエキゾチックな素材まで、様々な素材を用いてダイヤルを自社一貫で製作している。現代でもダイヤルを自社製造しているメーカーは、たとえハイエンドの時計メーカーであっても極めて稀である‐そのためには、極めてデリケートな素材を超微細な形状にカットまたはトリミングし、必要な化学処理(通常はガルバニックコーティング)でダイヤル素材をメッキまたはコーティングすることができる、専用のCNCフライス盤が必要となるからだ。






一見、MOPを3層重ねているように見えるこのダイヤルは、実は5軸制御のCNCマシンを使ってレリーフ状に削り出した1枚物のパーツだ。1層あたりの厚みは約0.3mmで、CNCマシンは実際に花のデザインの周りを回って、臨床医療機器並みの精度で材料を削り出している。MOPの色を調整するために、裏側を青く塗ることで、3段階にわたる興味深いグラデーション効果をもたらしている。

















 ルイ・ヴィトンは、この下層階にある工房で、フライス加工の工程で必要となるダイヤルのディテールに応じ、3軸/5軸のCNCマシンの両方を使い分けている。3軸CNCは通常、よりオーソドックスなフラットダイヤルに使用され、5軸CNCは、サブダイヤル、フランジ、開口部の追加など、より細かい加工が必要な場合に使用される。今年初めに発表されたヴィヴィエンヌ ジャンピングアワーはその一例で、帽子、頭部、開口部などすべての形状が5軸CNCマシンで加工されている。CNCマシンが達成できるディテールのレベルは驚くべきもので、私は厚みが僅か0.16mmの格子模様のMOPダイヤルを見せてもらった。ダイヤルにダイヤモンドをセットする必要がある場合は、フライス加工が完了後に手作業でセットされる。



































 ご想像のとおり、ルイ・ヴィトンはエキゾチックな素材に関しても優れたセンスを持っている。メテオライト、マラカイト、アベンチュリン、ルビー、オニキス、オパール、ヒスイのダイヤルが、CNCマシンの切削音をBGMに目の前に並べられていた。ルイ・ヴィトンの時計に使用できる品質の真珠層を10個見つけるには、200kg分の牡蠣を仕入れ、選別しなければならないそうだ。




時計のダイヤルにハンドペイントする方法





ラ・ファブリク・デュ・タンで最後に訪れたのは、2人の職人がダイヤルのハンドペイントに取り組む小さな工房だ。ルイ・ヴィトンは、石の寄木細工や宝石のセッティングなど、他のダイヤル装飾技術も用いることで知られているが、2022年の“エスカル ワールドタイム”のデビュー以来、同社のミニチュアペイント作業にスポットライトが当てられている。






















 エスカル ワールドタイムのダイヤルには、ハンドペイントとパッド/オフセット印刷の両方が施されている。完成したダイヤルには総計38色もの色が使われており、1マス1マスを手作業で塗るのに50時間以上、色を塗った後に1時間オーブンで焼成して塗料を定着させるという工程が必要だ。塗料は、塗布するのと同じ部屋でルイ・ヴィトンの職人によって調合される。

















 各々の色は極細の毛筆で色を塗っていくのだが、使われている毛はただの毛ではない。しかも、その毛は馬の毛でもなく、人間の毛でもなく、リスの毛なのだ(ラ・ファブリク・デュ・タンの敷地内にリスの飼育場があるかどうか聞いてみたが、残念ながらリスの毛をどこでどのように入手しているかは教えてもらえなかった)。ダイヤル1個を完成させるのに、着手から完成まで約2週間を要する。






















 ダイヤルの塗装は、職人がずっと顕微鏡を覗き込んで作業するほど、細かい作業となる。線にそって色を塗るだけなので、一見簡単そうに見えるが、決して簡単ではない。私も試しにやってみたが、顕微鏡を通してダイヤルを見ながら、特定のマス目にミクロの精度で筆を運ぶのは、不可能に近い。ダイヤルも顕微鏡の台座も、赤い塗料まみれになってしまった。




ADVERTISEMENT




なぜ重要なのか





ルイ・ヴィトンのハイウォッチメイキング部門は、“小物”とは程遠い。この記事の冒頭で取り上げた2022年のForbesの収益チャートに目を向けると、ルイ・ヴィトン(親会社のLVMHではなく単体で)の収益150億ドルに対し世界最大の伝統的時計メーカー、ロレックスの同年の収益は50億ドルがやっとである。それでも、ラ・ファブリク・デュ・タンでの体験は、史上最大のラグジュアリーブランドの時計部門を訪れたという実感よりはむしろ、ルイ・ヴィトンの実力を見誤り、過小評価してしまっただけでなく、訪問前はその重要性を完全に見落としてしまったような気がした。






ルイ・ヴィトン タンブール カーブ GMT フライング トゥールビヨン




 ルイ・ヴィトンは、高級機械式時計に参入する必要はなかった。親会社であるLVMHは、2022年の時点ですでにゼニスとタグ・ホイヤーを所有していたからだ。また、ルイ・ヴィトンの新作スピン・タイムが年間の売れ行きに頭を悩ませる本社の財務担当者がいたとしたら、私はショックを受けること請け合いだ。






機械式コンパスとMOP製サブダイヤルを備えたルイ・ヴィトンの時計。








ルイ・ヴィトン スピン・タイム




ルイ・ヴィトン ジャンピングアワー





 ルイ・ヴィトンのハイウォッチメイキングの世界に一日浸ってみた感想は、それはルイ・ヴィトンというブランド全体の特権的な役割であり、ルイ・ヴィトンというレンズを通して、純粋な時計製造の視点を提供しているという点だ。ルイ・ヴィトンは、自分たちの作る時計を買うこと、あるいは好きになることを強要しない;彼らはそれを気にも留めていない。

 彼らが大切にしているのは、シンプルなことだ:ルイ・ヴィトンは、自分たち自身が最も興奮し、興味を抱くタイプの時計をデザインし、作り続け、その時計を最高のものに高めていきたいのである。




トップ画像、ルイ・ヴィトン。その他の画像は、特に注釈のない限り、すべて筆者によるもの。






Shop This Story



ラ・ファブリク・デュ・タンとルイ・ヴィトン ハイウォッチメイキングについては、公式Webサイトをご覧ください。

ルイ・ヴィトンは、LVMHグループの一員です。LVMH Luxury VenturesはFASHIONの少数株主ですが、編集上の完全な独立性を維持しています。
可愛いIWC ポルトギーゼ パーペチュアル カレンダー 42 コピー iwx97899
https://www.ankopi.com/Uploads/202201/61ea233013380.jpg />
IWC ポルトギーゼ パーペチュアル カレンダー 42 コピー
詳細情報
カテゴリ:IWC ポルトギーゼ(新品)
機械:自動巻き
材質名:ステンレススチール
ブレス・ストラップ:革
タイプ:メンズ
カラー:シルバー
文字盤特徴:アラビア
外装特徴:シースルーバック
ケースサイズ:約42 mm
機能:ムーンフェイズ、永久カレンダー※カラー:写真どおり(実物撮影)
※レベル: 1対1(N級品)
※付属品:保存袋
※写真を見れば分かる高品質!それに実物は写真よりよほどいい!
※手頃の価値でいい商品が手に入れる!!



目を惹くカラー オーデマピゲ コピー 腕時計 ロイヤルオーク オフショア ダイバー 15710STOOA002CA02
https://www.ankopi.com/Uploads/202211/619dfdd5de3e1.jpg />
オーデマピゲ コピー 腕時計 ロイヤルオーク オフショア ダイバー 15710STOOA002CA02
型番:15710ST.OO.A002CA.02
機械:自動巻き
材質名:ステンレス
ブレス・ストラップ:ストラップ
タイプ:メンズ
カラー:イエロー
外装特徴:シースルーバック
ケースサイズ:42.0mm
防水性能【公称】:300m
機能:デイト表示
インナー回転ベゼル
付属品:内箱/外箱
ギャランティー※カラー:写真どおり(実物撮影)
※レベル: 1対1(N級品)
※付属品:保存袋
※写真を見れば分かる高品質!それに実物は写真よりよほどいい!
※手頃の価値でいい商品が手に入れる!!


【関連記事】:ankopiスーパーコピー 優良サイト 口コミ

2022新作 ベル&ロス「BR 03 クロノ ホワイト ホーク」

ホワイトファルコンがシンボル
 2020年にリリースされたBR 05 クロノは、オーデマピゲ 中古ケースがブレスレットと融合した、一体型ブレスレットを採用したコレクションに属します。
 ベル&ロスの名声の礎となった、視認性、機能性、信頼性、高精度というブランドの基本理念に忠実に、毅然と都会的な環境に完璧にフィットするスタイルと技術的な複雑さに裏打ちされた、新しいクロノグラフBR 05 クロノ ホワイト ホークによって、BR 05 コレクションがさらに充実されました。
 ホワイト ホークという刺激的な名前をもつ、この新しいタイムピースは、航空業界のオマージュです。強さ、力と名声を誇る、この威厳のある生き物は、象徴的なシンボルであり、強靭な宝石というテーマを完璧に体現しているのです。

都会の探索者の時間
 短時間の計測をするために必須のツールであるクロノグラフは、航空計器の中でも主要な複雑機構であり、スポーツマンや活動する男性のための卓越した機構です。この機能は、時間を自身でマスターしようとする、常に移動し続ける都会の探索者に最も適しています。







強靭な宝石
 この貴重な計測するインストゥルメントは、ベル&ロスのマスキュリンな美観とハイエンドな高級時計製造の技術的な精巧さが融合した逸品。直径42mmのケースのラインは、ベル&ロスのアイデンティティを形成する、基本的な幾何学図形の「丸」と「四角」を組み合わせたものです。
 新しいアイコニックなBR 05 コレクションのシグニチャーカラーであるブラックとブルーの文字盤モデルをリリース後、ベル&ロスは、既存のカラーとは対照的で、淡いトーンの色味に着目しました。そして、ダークカラーの文字盤に代わる、補完的なモデルがコレクションに加わりました。
 精緻な仕上げが、現代的でありながら洗練された上品な時計にしています。ピュアで時代を超える時計を作り上げるため、ブランドは、深みと活力をもたらす要素としてホワイトを起用しました。
 表面と角度から成る、ケース径42mmの幾何学的な時計は、どんな手首にもブレスレットがシームレスにフィットします。エレガントな見た目のサテン・ポリッシュ仕上げのステンレススティール製ブレスレットと、スポーティシックなブラックラバーストラップを装備しています。







ホワイト文字盤にレッドの針
 ホワイトオパライン仕上げのシルバー文字盤は、ポリッシュとサテンで仕上げたステンレススティール製のカラーと光沢に完璧にマッチ。文字盤のザラつきのある表面がメタリックに反射し、光を捉えます。ケースとダイヤルが融合し、ルミナスな一体感のあるフォルムを成しています。視認性が高いシックなデザインです。
 クロノグラフ機能による情報は全てレッドで表示されています。一体型ブレスレットのコンセプトに呼応し、リューズガードおよびリューズはシングルピースとして形成され、ケースのボリ ュームに完璧に馴染んでいます。
 BR 05 クロノ ホワイト ホークの文字盤は、そのグラフィックとコントラストにより、読み取りやすく、最適な視認性を保証します。また、9時位置にクロノグラフの30分積算計、3時位置にスモー ルセコンドという、スネイル装飾が施された2つのカウンターが、この時計をネオレトロな外観に仕上げています。
 スーパールミノバ®をコーティングしたスケルトンメタルの時針、分針、インデックスおよびアプライドの数字により、昼夜を問わない視認性を誇ります。

250本の限定モデル
 BR 05 クロノ ホワイト ホークは、360度回転する振り子式ローターによって巻き上がるキャリバー BR-CAL.301を搭載。サファイアクリスタル製ケースバックからこのムーブメントの心臓部を覗くことができます。時計の名前の通り、ケースバックの開口部にシルバーメタリックの鷹がプリントされています。
 この限定250本の強靭な宝石は、メカニカルな職人技の愛好家や都会の探索者、パイロット、そしてコレクターを魅了するでしょう。




BR 05 CHRONO WHITE HAWKBR 05 クロノ ホワイト ホーク
Ref:BR05C-SI-ST/SST
ケースサイズ:42mm
ケース素材:ステンレススティール(ポリッシュ/サテン仕上げ)
防水性:100m
ストラップ:ステンレススティール(ポリッシュ/サテン仕上げ)、ステンレススティール製フォールディングバックル(ポリッシュ/サテン仕上げ)
ムーブメント:自動巻き、Cal.BR-CAL.301
仕様:時・分・スモールセコンド・日付表示、クロノグラフ(9時位置に30分カウンター、センターにクロノグラフ秒針)、シルバーオパライン文字盤、スーパールミノバ®をコーティングしたアプライドおよびインデックス、スーパールミノバ®をコーティングしたスケルトン メタルの時針および分針
限定:世界限定250本(※ラバーストラップモデルと合わせた限定数です)
価格:803,000円(税込)
発売予定:2022年末





BR 05 CHRONO WHITE HAWKBR 05 クロノ ホワイト ホーク
Ref:BR05C-SI-ST/SRB
ケースサイズ:42mm
ケース素材:ステンレススティール(ポリッシュ/サテン仕上げ)
防水性:100m
ストラップ:ブラックラバー、ステンレススティール製フォールディングバックル(ポリッシュ/サテン仕上げ)
ムーブメント:自動巻き、Cal.BR-CAL.301
仕様:時・分・スモールセコンド・日付表示、クロノグラフ(9時位置に30分カウンター、センターにクロノグラフ秒針)、シルバーオパライン文字盤、スーパールミノバ®をコーティングしたアプライドおよびインデックス、スーパールミノバ®をコーティングしたスケルトン メタルの時針および分針
限定:世界限定250本(※ブレスレットモデルと合わせた限定数です)
価格:737,000円(税込)
発売予定:2022年末















※2022年12月時点での情報です。掲載当時の情報のため、変更されている可能性がございます。ご了承ください。
可愛いヴァンクリーフ&アーペル 偽物 時計 スウィート アルハンブラ ウォッチ ダイヤ vao83338
https://www.ankopi.com/Uploads/202201/61e27b2180fed.jpg />
ヴァンクリーフ&アーペル 偽物 時計 スウィート アルハンブラ ウォッチ ダイヤ
レディースファッション » 腕時計 » アナログ腕時計
【製品仕様】
スウィート アルハンブラ ウォッチ。22.7mm x 22.7mmのローズゴールド製ケース。ローズゴールドのベゼル。ギヨシェ ローズゴールドの文字盤。ローズゴールドのストラップ、ラウンドカット ダイヤモンド、ゴールドマザーオブパール。ダイヤモンドのクオリティDEF IF〜VVS。クォーツムーブメント
・石
ダイヤモンド: 24 石, 0.95 カラット
マザー オブ パール:5 石
・ケース
ケースのサイズ:23 mm
防水機能:3気圧
・ストラップの素材:ゴールド (ピンク)
・ムーブメント…クォーツムーブメント※カラー:写真どおり(実物撮影)
※レベル: 1対1(N級品)
※付属品:保存袋
※写真を見れば分かる高品質!それに実物は写真よりよほどいい!
※手頃の価値でいい商品が手に入れる!!



関税なし オーデマピゲ スーパーコピー ロイヤルオーク オフショアクロノ 26470STOOA027CA01
https://www.ankopi.com/Uploads/202111/6193628148c41.jpg />
オーデマピゲ スーパーコピー ロイヤルオーク オフショアクロノ 26470STOOA027CA01
型番:26470ST.OO.A027CA.01
機械:自動巻き
材質名:ステンレス・ラバー
ブレス・ストラップ:ストラップ
タイプ:メンズ
カラー:ブルー/シルバー
文字盤特徴:アラビア
ケースサイズ:42.0mm
防水性能【公称】:100m
機能:クロノグラフ
デイト表示
付属品:内箱/外箱
ギャランティー自分へのご褒美に、
大切な方への贈り物にも最適です。
お早めに〜♪


【関連記事】:アップデートしたバッグで春夏のおしゃれを誰よりも早く楽しもう。

ブルガリ オクト 10th アニバーサリー エキシビジョン

ブルガリ 銀座タワーで開催された、オクト10周年記念エキシビションの様子をご紹介。

2012年に誕生したブルガリのオクト コレクションは、今年で10周年を迎えました。これを祝してブルガリは、“BVLGARI OCTO 10TH ANNIVERSARY エキシビジョン”を開催。4月9日と15日の夜、ブルガリとHODINKEE Japanは、ブルガリ 銀座タワーの会場にHODINKEE Japanの読者をご招待しました。

会場では、デザインルーツとなったローマ建築の紹介や、世界最薄記録を樹立した歴代のオクト フィニッシモモデルをはじめ、日本を代表するアーティストたちとのコラボレーションモデルが展示されました。ブルガリのウォッチメイキングの世界を堪能しつつ、参加者同士での交流も生まれたイベントの様子を写真でお楽しみください。

今後開催されるHODINKEE Japanのイベントへの皆さんのご参加をお待ちしております。

2022新作 ブルガリ コピー オクト フィニッシモ ウォッチ 103245

品番 103245
直径 (mm)40
ケースシェイプ オクタゴナル
機能 プチセカンド
ムーブメントタイプ 自動巻き
ストラップの素材 チタン
防水性 30 m
素材 チタン
カラー グレー

極めて魅力的なルックスと世界最薄のムーブメントを備えたオクト フィニッシモ オートマティック。薄さの極みへと妥協なく前進するフィニッシモを、大胆なイタリアンスタイルへいざないます。日本を代表する建築家、安藤忠雄が研ぎ澄まされた美しさを表現したリミテッドエディション。ウォッチのダイアルにあしらわれたスパイラルモチーフが、大胆な幾何学的デザインと非常に複雑なオクトの内部機構に融合し、他に類を見ないユニークなウォッチが誕生しました。2つの最先端アプローチが、オクトという高級ウォッチの革新的ビジョンを見事に伝えています。 オクト フィニッシモ オートマティック ウォッチ。極薄の機械式マニュファクチュールムーブメント。自動巻き(プラチナ製マイクロローター)。スモールセコンド。手作業によるコート· ド· ジュネーブ装飾を施したBVL 138 - フィニッシモキャリバー(厚さ2.23 mm)。面取り仕上げ。ペルラージュ仕上げ。40mmのチタニウム製ケース(厚さ5.15mm)。スパイラルモチーフをあしらったチタニウム製ダイアル。安藤忠雄のサインおよびリミテッドエディションの刻印を特別に施したシースルーケースバック。チタニウム製リューズにセラミックエレメントをセッティング。チタニウム製ブレスレットおよびフォールディング· クラスプ。30メートル防水。限定200本。


【関連記事】:2022年春夏に現れたデザイン、バッグ。

技術的な革新はもちろん、技術的発明を美的な効果のために用いるというのは、カルティエの特徴的なデザイン戦略ですね。

実際に手にとって体験するのが一番というクッサンのアイデアはどこから生まれたのでしょうか。

クッサンの場合は、ふたつの要素からきています。コレクションにあるほかのモデルは、どちらかというとひねりを加えたようなものです。しかし、(ケースの)メッシュについては研究や材料もありました(詳細は「Introducing クッサン ドゥ カルティエ まるで本物のクッションのようなカルティエの新作」を参照)。気づかれたかわかりませんが、昨年はゴールドのメッシュでできた手袋のようなものにベニュワールの時計がついたものがありました。

基本的には研究に根ざした時計です。こんなことができないか? そして、あまり重くなく、第二の皮膚のようなものを作れないか。このような可能性を秘めた研究の上に、私たちは何かを作ることができるのです。金の皮膚だけでなく、ふわふわしたこの時計のようなものも、です。

しかもつけ心地がとてもいい。それに、お客様からの(グローブウォッチの)注文もあるんですよ。手探り状態だったので、どうなることかと思いましたが。

2022年 カルティエ新作 ロンド ルイ カルティエ パンテール フィリグラン デマイユ HPI01302

ロンド ルイ カルティエ パンテール フィリグラン デマイユ
Ref:CRHPI01302
ケース経:36.00mm
ケース厚: 9.13mm
ケース素材:18Kホワイトゴールド
ストラップ:ブルーアリゲーター
ムーブメント:手巻き、Cal.430 MC(マニュファクチュール)、約38時間パワーリザーブ、毎時21,600振動、18石
仕様:時・分表示、ベゼル・ダイアル・バックルにブリリアントカットダイアモンド269個(1.99ct)、リューズにブリリアントカットダイヤモンド (0.08ct)、エナメル フィリグリーのパンテールモチーフダイアル
 2020年に発表されたメティエダール・コレクションのもうひとつが「ロンド ルイ カルティエ パンテール フィリグラン デマイユ(METIERS D'ART RONDE LOUIS CARTIER PANTHÈRE FILIGRANE D'ÉMAIL)」だ。用いられた技法はエナメルとフィリグラン(線条細工)。パンテールの前景となる竹はエナメル粉末を熱して引き延ばした一種のガラス細工であり、細い金線でダイアルに固定されている。背後の竹とパンテールの目と斑点は立体感のあるシャンルベ・エナメル(彫り込んだ金属にエナメルをかける技法)で作られている。また、背景となる夜空と竹には細密画の技法さえ使われている。この作品も、もちろんラ・ショー・ド・フォンの「メゾン デ メティエダール」で製作されている。

特定の客層のためではなく、自分の好きなものを表現するために何かをするのは、どちらかというとアートに近いと思います。


【関連記事】:ankopiブランド スーパーコピー優良サイト

別格の美オーラを放つ、至高のダイヤモンドウォッチにため息

ふたつ目は、“ルール・ドゥ・ディアマン”。「ディアマン」=「ダイヤモンド」…そのコレクション名の通り、この時計の主役は、至高のダイヤモンドの輝きそのものです。新作は、26mmという小さなケースにエシカルゴールド製5連ブレスレットが華やかに呼応する、まさにエレガンスの王道を行くジュエリーウォッチ!

ショパール スーパーコピー ハッピーダイヤモンド 204444-1003

サイズ レディース
ケース径 25.8 × 25.8 mm
ムーブメント クォーツ
防水性能 生活防水
風防 サファイアクリスタル風防
仕様 2針
付属品 メーカー純正BOXあり
国際保証書あり
ケース素材 18Kホワイトゴールド
ケース / 宝石 ダイヤ
サファイア
ベルト素材 革
ベルトタイプ ストラップ ベルトサイズ計り方
文字盤カラー ブルー
文字盤 / 宝石 ダイヤ
文字盤タイプ シェル

凡百なジュエリーウォッチとは、明らかに違う大きなダイヤモンド! そして透徹なその輝き! それは、ひとつひとつのストーンの美を引き立てて、燦然とした光を生み出す「クラウンセッティング」と呼ばれる象徴的なジェムセッティング技法によるもの。ベゼルを取り囲むこの2カラット以上のブリリアントカットダイヤモンドは、12個のダイヤモンドをあしらったマザー・オブ・パール文字盤を華やかに演出します。

搭載されているのは、機械式手巻きムーブメント。美と精度を備えるこの“ルール・ドゥ・ディアマン”は、卓越した芸術的モダニティを実現するために注がれる「熟練技の粋」を集めた傑作です。デザイナーから時計職人へ、宝石職人からジェムセッティング職人へ、そして、研磨職人から時計職人へ…メゾンが誇るアルチザンたちの豊かな才能が、この比類ないクリエイションを誕生させました。


【関連記事】:hacopy 支払い方法

あなた方ロレックスの時計の販売価格と実際の市場価値との差をどのように考えていますか?

本当に計画的にはできないんです。これだけ限られた量をやっていると、相場に大きな差が出ることはわかっています。でも、私として期待するのは転売目的でない人にちゃんと売ること。いつも思い通りに行くとは限りません。並行市場には、たくさんのロレックス スーパーコピー時計があります。少し悲しいことですが、これも成功の一因です。どうすればわかるのか、どう計算すればいいのか。わかりません。

2022年 新作モデル ロレックス デイトジャスト 31 スーパーコピー ウォッチ

モデルケースオイスター、31 mm、オイスタースチール&ホワイトゴールド

オイスター アーキテクチャー:モノブロックミドルケース、スクリュー式バックケース、リューズ

直径:31 mm

素材:ホワイトロレゾール - オイスタースチール&ホワイトゴールド

ベゼル:フルーテッド

ムーブメント:パーペチュアル、機械式、自動巻

ブレスレット:オイスター(3 列リンク)

ブレスレット素材:オイスタースチール

ダイアル:アズーロブルー、ダイヤモンド入りフローラルモチーフ

宝石セッティング:24個のダイヤモンド、18 ct ゴールドセッティング

オイスタースチール&ホワイトゴールドのオイスター パーペチュアル デイトジャスト 31はアズーロブルーフローラルモチーフ、ダイヤモンド入りダイアルとオイスターブレスレットを備える。

ロレックス デイトナ スーパーコピーコスモグラフ 116508 グリーンダイヤル

カテゴリ ロレックス デイトナ 116508 グリーンダイヤル

型番 1165116508 グリーンダイヤル

機械 自動巻き

材質名 イエローゴールド

ブレス・ストラップ ブレス

タイプ メンズ

カラー グリーン

外装特徴 タキメーターベゼル

サイズ 40.0mm

機能 クロノグラフ

付属品 内箱、外箱
保証

当店オリジナル保証3年間付

強烈なグリーンダイヤルで、「あぁ・・・新色か」と思ってしまいがちですがリファレンスが変わっていました。
思うに、SSのデイトナとWGのデイトナの見極めにベゼルとブレスレットに相違点を設け併せてレザーつながりでYG/革のベゼルも変更したのではないでしょうか。
因みに5桁金無垢デイトナはYG、WGのモデルしかありませんでしたが、16528(金無垢ブレスレット)と16518(レザーベルト)、Ref.16519(レザーベルト)とわかれ、下2桁の数字はベルトで差異があるのかと思いましたが、しっかりベゼルのデザインが違いました。
さて116528から116508 グリーンダイヤルへとなりましたが・・・下2桁の数字は所謂ベゼルのバリエーションナンバーです。


【関連記事】:ファッションに関する話題

【MEO独占インタビュー】IWCのポルトギーゼの新たなコラボ作にはなぜロマンがあるのか

今年のIWCは、ポルトギーゼシリーズの新作が目白押しだ。MEN’S EX8月号(7月6日発売)でも一部、紹介したが、改めてIWCと英国ラグジュアリーリゾートウェアブランド、オールバー・ブラウンとのコラボモデル「ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフ“オールバー・ブラウン”」もその一つ。今回、MEOではブラウン氏に独占インタビューの機会を得、彼の時計やファッションへの思いを語っていただいた。

IWC×英国ラグジュアリーリゾートウェアブランドから“マリーン”がテーマの時計、ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフ“オールバー・ブラウン”(Ref.IW390704)が誕生

Profile
アダム・ブラウンさん/オールバー ブラウン創業者
英国・ロンドン創業のオールバー・ブラウン。ブランド誕生のきっかけは、創業者のアダム・ブラウン氏が社交の際にも着用できる水着を作りたいと思い立ったことだった。2007年に第1作目となるスイムショーツが発表され、以来瞬く間にリゾートウェアを中心としたライフスタイルブランドとしての地位を確立した。


海原を感じるデザインで手元にロマンを宿す

オールバー・ブラウンのスイムショーツが他と異なる点はディテールへこだわりだ。60ものパーツから構成され、その着心地は折り紙つき。さらに特筆すべきは“クラシック”に範を求めウエストバンドやサイドアジャスターといった、いわゆるテーラードの仕様を取り入れて、スポーティにしてエレガントなデザインとしている点だ。

「オールバー・ブラウンとして時計を手掛けるのは初めてです。以前から時計をデザインしたいという思いはありましたが、今回はそれ以上にIWCというブランドと一緒に仕事を出来たという喜びのほうが大きいですね。今回の製作を通じて、IWCとは互いのブランドのDNAや価値観、哲学を分かち合えたように思います。ですから仕上がった時計にも非常に満足しています。オールバー・ブラウンらしい時計であり、しかしながらIWCらしさを残した時計でもあります。

私たちのブランドは、ビーチから始まり、リゾートへとフィールドを広げていきました。ポルトギーゼ・ヨットクラブもまた、“冒険”や“探訪”をコンセプトに、まだ見ぬ土地を訪れる心躍るシーンに相応しい時計です。私は、“太陽・陽射し(sunshine)”“旅”“幸福感”“充実した時間”などを服を通じて伝えたいと考えています。ポルトギーゼにもそうしたシーンがとても似合いますし、またそうしたメッセージも込められていると感じます」
秋冬新作 ヴァシュロンコンスタンタン オーヴァーシーズ デュアルタイム vau14424
https://www.ankopi.com/Uploads/202112/61cab30dced9a.jpg />
ヴァシュロンコンスタンタン オーヴァーシーズ デュアルタイム

詳細情報
カテゴリ:ヴァシュロンコンスタンタン オーヴァーシーズ(新品)
機械:自動巻き
材質名:ステンレス
ブレス ストラップ:ブレス
タイプ:メンズ
外装特徴:シースルーバック
ケースサイズ:42mm※カラー:写真どおり(実物撮影)
※レベル: 1対1(N級品)
※付属品:保存袋
※写真を見れば分かる高品質!それに実物は写真よりよほどいい!
※手頃の価値でいい商品が手に入れる!!


【関連記事】:シンプルなデザインの腕時計でスタイリッシュに

名作“タンク”の表情そのままにソーラーウオッチとして落とし込んだ、“カルティエ”の意欲作

女性編集者がレディースウオッチの新作を実際に見て、感想を交えて紹介する本企画。今回は“CARTIER(カルティエ)”の“タンク マスト”の実機をレビューしていきます。

170年以上の歴史を有する名門メゾン、カルティエ。高級ジュエラーとして世界的な名声を博していますが、時計に関してのアプローチも本格的です。

時計好きであればご存じかと思いますが、飛行家アルベルト・サントス=デュモンから依頼を受けて完成した世界初の実用的な紳士腕時計は、現在も製造の続く“サントス”の原型となっています。

今回の“タンク マスト”はメゾンのエントリーラインに位置付けられているモデル。“タンク”名としては1917年に誕生しており、“サントス”同様長い歴史を誇っています。

【定番人気☆代表作】カルティエ スーパーコピーカルティエ Tank Solo Small Watch W5200013

TANK SOLO WATCH
タンク ソロ ウォッチ SM、スティール
品番: W5200013
☆タンク ソロ
控えめで現代的なデザインが特徴の“タンク ソロ”は、発売からすぐに定番商品となりました。“タンク”特有のたぐいまれな美しさはそのままに、いつまでも飽きのこない魅力を持った、親しみやすいデザインです。
【タンク ソロ ウォッチ、SM】
*クォーツムーブメント*
 カルティエ キャリバー157クォーツムーブメント仕様
スティール製ケース、
パール状の飾り付きリューズにシンセティック スピネル カボション、
透明感のあるシルバー オパライン ダイアル、
ローマ数字、ブルースティール製剣型針、
サファイア クリスタル、
スティール製ブレスレット。
ケースサイズ:31mm x 24.4mm、厚さ:5.55mm。
日常生活防水。

平行に伸びたレクタンギュラーケースがデザインテーマの“タンク マスト”は、2021年に登場し、伝統的な”タンク”のデザインの意匠を受け継いだコレクション。

“タンク”と、極めてシックなデザインで1970年代に誕生し当時多くのファンから愛されたレ マストが融合した革新的なモデルです。

現在、“レ マスト”は展開を終了しており、“カルティエ コレクション”の収蔵品として博物館などで展示されています。

“タンク マスト”は自動巻き、クォーツ、そしてソーラーの三つの種類で展開。今回は新機軸となるソーラーモデルにフィーチャーします。

投入されたソーラーウオッチはメゾン初。今後永く続くサステナビリティの時代とデザインの不変性を大切にしたいというメゾンの思いから、開発チームが2年の歳月をかけて、デザインを修正することなく光発電の原理を適用することに成功。満を辞して登場しました。

文字盤の下にソーラーパネルが重なっており、肉抜きされたローマ数字インデックスから光を集約して駆動します。

写真でもわからないほどインデックスが文字盤となじんでおり、“タンク”のスタイリッシュなデザインは変わっていません。


【関連記事】:http://image-co.net/common/img/diary.cgi

彼はトゥッティ フルッティを見たことがなく、やっと見ることができて本当に感激していた。

セールス担当は昨年の私を覚えていてくれた。彼はトゥッティ フルッティを見たことがなく、やっと見ることができて本当に感激していた。私はこの宝物を見せているのは私だということを誇りに思った。何も知らずにこの店に入った私が、今もほとんど何も知らずにまたこの店に立っている。ウブロ 中古私たちは、この時計の宝石のきらめき、威厳のある形、存在するだけで“ガールボス”という言葉が廃れないことを保証してくれるような、そんな宝物を二人で鑑賞した。彼の賞賛は私の心を、恥ずかしながら感傷的とも言えるほどの誇りで満たしてくれた。

ウブロ ビッグバン トゥッティフルッティ 346.CD.1800.LR.1905

ダイアル、ケースなど、あらゆるパーツにセラミックを用いた「ビッグバン キャビア」。

こちらはそのトゥッティフルッティモデルです。バゲットカットのダイアモンドをイメージしたデザインは個性的そのもの。ダイヤルとケースに放射状にセッティングされたセラミックが光を反射し、高級感を演出しています。PVD加工を施されたホワイトゴールドベゼルの黒に、ビビッドなアメシストの色合いが強烈な印象の一本です。カテゴリーウブロ ビッグバン(N品)型番346.CD.1800.LR.1905機械自動巻き材質名セラミック・ホワイトゴールドPVD加工宝石アメシストタイプユニセックス文字盤色ブラック文字盤材質セラミック外装特徴シースルーバックケースサイズ41.0mm機能デイト表示付属品内・外箱ギャランティー

2005年に登場したビッグ・バンは、チタン、セラミック、ラバーという大胆な組み合わせで瞬く間に人気を博した。その後、2008年にトゥッティ フルッティが登場したが、この名称が正式に使われるようになったのは2010年になってからだ。ビッグ・バンの派手な従兄弟のような存在のトゥッティ フルッティは、ピンク、グリーン、オレンジ、ブルーなどのカラーバリエーションを揃え、ケースはSSかセラミック、たまにローズゴールドがあった。レギンスやペプラムジャケット、エルベ・レジェのバンデージドレスが流行した時代。トゥッティ フルッティは、まさにこの時代にぴったりだ。しかし、ほかのトレンドと同様に、この時計も永遠には続かず、ウブロはわずか数年でこの時計を廃止した。

トゥッティ フルッティとは、ウブロのシグネチャーウォッチであるビッグバンが、なにかのコスチュームを身にまとっただけのものだと、この店を訪れたおかげで理解できた。店で、私の時計とプロポーションが似ているビッグ・バン ウニコを試着してみた。だが、ベゼルには丸いダイヤモンド、プッシャーは丸く、ストラップはグレイッシュブラックのスエードだった。また、私のトゥッティ フルッティのムーブメントが十分な性能ではあるが特筆すべきものではないETAであるのに対し、その時計は自社製ムーブメントを搭載していた。私はトゥッティ フルッティを自社製ムーブメントで復刻したらどうかと提案したところ、多くの人に賛同してもらった。このとき私は時計の旅を始めて1年目にして、初めて業界のマニア的なことを言ったことに気づいた。

友人と飲みに行ったときのこと。私はすでにピンクのブレザーとピンクがかったラベンダーのブーツ、そして時計に合わせて買ったピンクのルーサイトピアスを身に着けていたが、そこにロゼを注文して完成させた。「ワオ、君は本当に時計にハマったね 」と友人が言った。「それ、買ったの?」 私は「借り物だよ」と答えた。「なんだ、安心した 」と彼は言った。


【関連記事】:https://www.shofuso.net/movie/css/diary.cgi

洗練された高精度ウォッチ!オメガ グローブマスター について

グローブマスターは、オメガ スーパーコピー世界初のマスター クロノメーター認定コレクションとして2015年から展開されたモデルです。

今回はコンステレーション グローブマスター についてご紹介いたします。

オメガOMEGA コンステレーション グローブマスター 130.33.39.21.03.001

Constellation Globemaster
■ 型番 : 130.33.39.21.03.001
■ 素材(ケース) : ステンレススチール
■ 素材(ベルト) : 革
■ ダイアルカラー : ブルー
■ ムーブメント / No : 自動巻き / Cal.8900
■ 製造年 :
■ 防水性能 : 100m防水
■ サイズ : 39 mm(リューズ除く)__ / メンズサイズ
■ ガラス : サファイヤクリスタル風防
■ 仕様 : 日付表示 / 3針
■ 付属品 : オメガ純正箱付・国際保証書付
■ 保証 : 当店オリジナル保証3年間付
■ 備考 : コーアクシャル マスタークロノメーター 「キャリバー8900」搭載 15000ガウスまでの超高耐磁性を備えたムーブメントです。 また、ゼンマイを収めた香箱車を2つ備え、60時間のパワーリザーブを実現しました。
それが「コンステレーション グローブマスター」。クロノメーター規格のムーブメントを搭載したコンステレーションを、スイス連邦計量・認定局(METAS)において、再度厳格なテストをパスした最高峰の品質を兼ね備えたモデル。心臓部には革新的な精度と15000ガウスまでの超高耐磁性をクリアした「マスター クロノメーター」仕様となる、Cal.8900が搭載されています。フルーテッドベゼル、さらに「12角ダイアル」、ケースバックの天文台のメダルなど、往時の意匠が復刻されました。ケースバックはシースルー仕様でありながら、100メートルの防水性を誇ります。

グローブマスターはコンステレーションのワンモデルという立ち位置でます。2015年に発表され、誕生以来徐々に人気を加速させていおります。

グローブマスターのデザインの特徴として12角形に盛り上がっている文字盤、6時位置に配置された星が挙げられます。

このデザインは1952年に誕生した初期のコンステレーションを再現したものです。グローブマスターは初期のコンステレーションのルーツを踏襲したラインともいえます。


【関連記事】:http://kobekec.net/info/index.cgi

ジュエリーデザイナー、マギー・シンプキンスが祖母のカルティエ タンクに見出した力

"エンゲージリング界随一のデザイナーは、モノの持つ力を信じている。

私が身につけるジュエリーのほとんどは、自分にとって相当なセンチメンタルバリューがあります。私はほぼ毎日、母の婚約指輪と、父の金張り眼鏡のフレームで作ったバンドを重ね付けしています。首には、父方の祖母から受け継いだペンダントネックレス。私は、身につけるものと感情を結びつけたほうがよいと固く信じているのです。

カルティエ タンク ソロ SM W5200013 シルバー文字盤 新品 腕時計 レディース

【定番人気☆代表作】カルティエ Tank Solo Small Watch (24105772)
TANK SOLO WATCH
タンク ソロ ウォッチ SM、スティール
品番: W5200013
☆タンク ソロ
控えめで現代的なデザインが特徴の“タンク ソロ”は、発売からすぐに定番商品となりました。“タンク”特有のたぐいまれな美しさはそのままに、いつまでも飽きのこない魅力を持った、親しみやすいデザインです。
【タンク ソロ ウォッチ、SM】
*クォーツムーブメント*
 カルティエ キャリバー157クォーツムーブメント仕様
スティール製ケース、
パール状の飾り付きリューズにシンセティック スピネル カボション、
透明感のあるシルバー オパライン ダイアル、
ローマ数字、ブルースティール製剣型針、
サファイア クリスタル、
スティール製ブレスレット。
ケースサイズ:31mm x 24.4mm、厚さ:5.55mm。
日常生活防水。

私がエンゲージリングの仕事が好きな理由もそこにあります。なぜなら、私とジュエリーとのつながりは、本当にセンチメンタルなものだからです。きれいなものが好きなのはもちろんのこと、ストーリーがあり、人々にとって重要な意味を持つものを作りたいと思うようになりました。

毎日身につけることで、私は自分の大切な人たちとの絆を保っていますが、特別な日のために取っておく私のスーパーヒーローのようなアイテムがあります。それは、祖母であるリリアンのカルティエ タンクです。

祖母は母が私を妊娠しているときに亡くなったので、私は祖母のことを知りませんが、エネルギッシュな人だったといつも思っています。1960年代に黒人女性としてロングアイランドにマイホームを購入し、父と双子の弟を私立学校(もちろん父は大嫌いだった)に通わせるために、ふたつみっつと仕事を掛け持ちしていたそう。彼女は優しく、勤勉で、深い信仰心を持ち、自分の人生を他人のために捧げる女性でした。私のネックレスとこの時計は守護天使のようなもので、彼女の強さが私に伝わってきます。

私のキャリアは、ある意味、自分の家族を映す鏡のようなものです。母は私にクリエイティブであれと励ましてくれ、父は溶接工で手仕事をしていましたし、祖母はお話したように、力の源でした。

80年代後半に父と兄が祖母の家を相続したのですが、2012年に父が亡くなったとき、私はその家に行って遺品の整理を手伝いました。そこは、父の人生と彼女の人生のタイムカプセルでもありました。父の古い写真がたくさんあり、なかにはファンキーなヴィンテージのおもちゃも。祖母は2人の男の子のシングルマザーだったので、豪華なものはありませんでしたが、ドレッサーにこの時計を見つけたのです。とても美しく、そして場違いなものでした。私がジュエリーに感傷的になる理由のひとつは、一度も会うことのなかった家族がいて、その人たちの物語が詰まった小さな作品を肌見離さず持つようになったからだと思います。

祖母のことを直接は知らないわけで、時計そのものについてよく知りません。数年前に初めて手にしたとき、近所の時計屋に修理に出して本物だと言われたけれど、100%正直に言えば、本物だろうが偽物だろうが、私にとっては何の意味もありません。そういう意味では、それがセイコーでもカシオでも同じかもしれません。たまたま、見事に美しく、私の好みに合っていると思っただけ。


【関連記事】:http://www.starbal.jp/medient/bbs1/diary.cgi

"

シャネル J12 X-Ray&ボーイフレンド スケルトン ハイエンド機械式時計ラインに限定のレッドエディションを発表

シャネルがまとったルージュは、受難の時代に自信を高める色彩となる。

シャネルは2022年第一弾の新作として、レッドをキーカラーとして配した3本の時計をリリース。J12 X-Rayとボーイフレンド スケルトンに、メゾンの5つのシグネチャーカラーのひとつである赤で彩ったこれらは、それぞれに少ない限定数が設定されたエクスクルーシブな時計たちだ。

シャネル ウォッチメイキング クリエイション スタジオのディレクターであるアルノー・シャスタン氏は「私は、3つのオートオルロジュリーピースに、赤の表現を加えました。赤によって際立つムーブメントの構造の大胆さ、ベージュゴールドとルビーのマリアージュで生まれる官能性、レッドストラップの光沢が手首で魅せる存在感が気に入っています。赤には弱さが一切なく、かわりに確固たるエレガンスが存在するのです!」と力強く語る。

シャネル J12 エレクトロ ドリーム キャリバー12.1, 38mm H6828

リファレンス:
H6827 H6828
コレクション:
J12
素材:
ホワイト セラミック
サファイア
ホワイトゴールド
ケース:
高耐性ホワイト セラミック、18Kホワイトゴールド
ベゼル:
18Kホワイトゴールド、バゲットカット レインボーサファイア46個(約6.47カラット)
ダイヤル:
ホワイト ラッカー ダイヤル、バゲットカット レインボーサファイア12個(約0.47カラット)
リュウズ:
18Kホワイトゴールド、ブリリアントカットダイヤモンド1個(約0.14カラット)
裏蓋:
サファイアクリスタル、LIMITED TO 55の刻印入り
ブレスレット:
高耐性ホワイト セラミック、18Kホワイトゴールド製3重折りたたみ式バックル
ムーブメント:
オートマティックムーブメント
ブラックコーティングを施したキャリバー12.1
防水性:
50 m
サイズ:
38 x 12.6 mm
J12 エレクトロ ドリームでは、バゲットカットのレインボーサファイアのきらめきが加わることで、ブラックセラミックとSS、ホワイトセラミックと18Kホワイトゴールドの組み合わせにボリューム感を与えた。各55本限定で販売されるこのハイボルテージモデルのベゼルには、完璧にマッチした46個のカラーサファイアが使用されており、 次のシェードへとグラデーションがつけられている。。ダイヤルには バゲットカットサファイアがインデックスとして配され、サファイアクリスタルのケースバックからは、 ブラック加工が施されたCOSC認定自動巻きキャリバー12.1が見える。

オメガ スピードマスターについて知っておくべきすべてのこと

包括的なReference Pointsの記事からスヌーピーの歴史に至るまで、スピーディのすべてがここにある。

Weekend Editionへようこそ! このコーナーでは、土曜と日曜の読書のために、テーマを決めて厳選したコンテンツをお届けする。毎週、時計の世界で最も人気のあるトピックを深く掘り下げていく特集と思って欲しい。さらに、ちょっとしたサプライズも用意している。

オメガ スピードマスター スーパーコピーアポロ13号 45周年記念 スヌーピー アワード311.32.42.30.04.003

品名 スピードマスター
型番 311.32.42.30.04.003
ケース径 42.0mm
ケース素材 SS
防水性 5気圧
ストラップ ナイロン
ムーブメント 手巻き、Cal.1861
付属品 内箱、外箱
保証 当店オリジナル保証3年間付
商品番号 omger201654
ケースバックには「シルバースヌーピーアワード」の副賞としてNASAからオメガに贈られたシルバー製メダルを再現した「宇宙遊泳を楽しむスヌーピー」の姿がで描かれ、特別なモデルであること示しています。ベゼルディスクはセラミック製の黒いアプライドインデックスに黒い針で、タキメータースケールにはスーパールミノバが使われています。

まず始めに、ある象徴的なクロノグラフのトップボタンをクリックしてみたい。オメガが新年早々、新しいカノープス(ホワイト)ゴールドのスピードマスターを957万円(税込)という値段で発表したのはご存じだろう。スピードマスターをテーマにしたイベントを見逃すわけにはいかないと、私たちはこの有名なタイムピースをWeekend Editionの最初のテーマに選んだのだ。

アーカイブをご覧になりたい方は、一番下までスクロールを。さらに内容を知りたい方はこのまま読み続けて。


【関連記事】:https://herefashion89.vietnhat.tv/

ハリー・ウィンストン×大人の人気腕時計2選

最高級のダイヤモンドが輝く名品です
リシャールミル コピー
時計好きの男性たちからも愛される本格的な作りと、ジュエリーを身につけたときの高揚感が美しいタイムピースとして表現されるハリー・ウィンストン。妥協のないもの選びの最良の解答が、ここに。

ハリーウィンストン 腕時計

HW アヴェニュー・クラシック オートマティック

アール・デコ様式の美がダイヤモンドのきらめきによって際立つ「HW アヴェニュー・クラシック オートマティック」はエレガントにして、存在感たっぷり。身につける女性の人生を、ドラマティックに彩ってくれそうです。

ハリーウィンストン 腕時計2

HW アヴェニューCミニ

本格時計とダイヤモンドが美しく融合した“時を刻むジュエリー”。
ジュエリーウォッチか、時計ブランドの本格派か。一生愛せる時計を選ぶときの悩める二択を解消する「HW アヴェニューCミニ」。アイコンとなるダイヤモンドが眩く輝くレクタンギュラーケースは、ブランド創業の地、NYの洗練の街並みをイメージ。
精巧なスイス製ムーブメントを搭載し、美しいだけでない極めて高い完成度の本格時計。エターナルな魅力の詰まった小宇宙と言える名品です。

【関連記事】:Tokei365の自分20歳の誕生日プレゼント

ハリーウィンストン×一生もの腕時計4選

手首にまとう時を知らせるジュエリーは「最高のステイタス」

アメリカが誇る高級ジュエリー&ウォッチブランド『ハリーウィンストン』。世界各国の王室御用達、レッドカーペットで大女優が着用、芸能人の婚約指輪に選ばれるなど、華々しい実績を持ち、ハイジュエラーとして確固たる地位を確立しています。
もちろん高級時計の分野でも超一流…、とくに女性たちの美を引き出す「ダイヤモンドの輝きを生かしたデザイン」は世界トップクラス。

HW エメラルド 腕時計

HW エメラルド

その名は創始者が愛したダイヤモンドのエメラルドカット(八角形のカット)が由来であり、石本来の美しさを引き出すカットハリー・ウィンストンの象徴のひとつ……。
エメラルドカットを上から見たようなイエローゴールドのケースにダイヤモンドが並ぶ様は、もはや時計でありジュエリー。ダークグレーの文字盤にも時を表す3つのダイヤが配され、12時の位置には「HW」のロゴが。さらに二重ストラップは女性の手を華奢に見せてくれる。

HW アヴェニュー クラシック オートマティック

HW アヴェニュー クラシック オートマティック

文字盤の周囲をダイヤモンドでくまなく飾った、キング・オブ・ダイヤモンド『ハリーウィンストン』のアイコン「HW アヴェニュー」。

本店のあるニューヨークをイメージした都会的な枠組みながら、創業時にオマージュを捧げたアール・デコ調の要素が随所に。12時位置では、創業者が好んだエメラルドカットのダイヤモンドが凛と輝きます。

HW アヴェニューC ミニ リリー・クラスター

HW アヴェニューC ミニ リリー・クラスター

圧倒的な優美さを纏える極めつけの一本。

ニューヨークの街のきらめきを閉じ込めた「HW アヴェニューC ミニ リリー・クラスター」は、文字盤に舞うダイヤモンドの百合の花びらがフェミニン。

可憐なピンクカラーが、ほっそりとしたレクタンギュラーケースのベゼルや、りゅうずの先端にもあしらわれたダイヤモンドの輝きを際立たせています。

ミニツイスト・バイ・ハリー・ウィンストン

ミニツイスト・バイ・ハリー・ウィンストン

ダイヤモンドの光り輝く葉がロープ状のチェーンをつたい、流れるように美しい煌きが手首を彩るジュエリーウォッチ。高度な職人技が生み出した。斬新にして華麗な美しさに惹かれます。

【関連記事】:kopi100のおしゃれプチブログ

「ミッフィー」とのコラボ腕時計

デンマーク発・ノードグリーン(Nordgreen)から、オランダの絵本から生まれた人気キャラクター「ミッフィー(Miffy)」との日本限定コラボレーション腕時計が登場。2021年9月2日(木)から、西武渋谷店にて先行販売される。

「ミッフィー」とのコラボ腕時計

コラボレーション腕時計は、ブランド内で男女問わずベストセラーとなっている「フィロソファー(Philosopher)」がベース。すり鉢状の立体的な文字盤が特徴で、ピュアな印象を放つ。

文字盤に「ミッフィー」の可愛らしい顔を乗せつつも、そのほかのディテールは控えめにし、北欧デザインらしいミニマルな佇まいに。光が反射することで生じる、「ミッフィー」と光との上品なコントラストに注目だ。

また、腕時計本体のミニマルなデザインに合わせ、付属のギフトボックスにも洗練された美しいシルエットのミッフィーを描いている。

【関連記事】:カジュアルなデザインにスタッズのストラップ

パテック・フィリップ×大人の人気腕時計3選

一生ものの時計だからどんな場所でも、何をするときでもずっと身に着けていたい…。

今、機械式のタイムピースに女性たちが注目。その火付け役的ブランドの筆頭がパテック・フィリップ。歴史に培われ、時計師が丹精を込めて製作するウォッチは、洗練と機能美を併せ持ち、長いスパンで愛用できます。
シーンもファッションも選ばない、オールマイティに対応可能。レディスのバリエーションも増えています。

パテックフィリップ腕時計

Twenty~4
ゴールデンコンセプト 偽物
【写真左】
仕事では凛としたシャープなフェイスで知的に装いたい…。
毎日身に着けたくなる、腕に優しく寄り添うブレスレットとカーブしたレクタングラー・ケースのシンプルな人気ウォッチです。インデックスとベゼルにダイヤモンドをセッティング。
〈コーデ〉ネーミングの通り、活動的な女性を24時間サポートしてくれる「Twenty~4」。グレーグラデのジャケットスタイルに、文字盤のブルー・ソレイユ(パーフェクト・ブルー)が目を惹きます。さりげなくあしらわれたダイヤモンドが、女心をくすぐって。
【写真右】
人気の高かったレクタンギュラー型(長方形)の「Twenty~4」が復活。
繊細なトープ色のようなグレー・ソレイユの文字盤に、暗い所でも時間が確認できる夜光塗料つきアラビア数字のインデックスを配し、颯爽としてエレガントなたたずまいを感じさせる逸品に。

パテックフィリップ腕時計2

New Twenty~4 Automatic

【写真上】
デイリーなニットをクラスアップするクールな煌めきに魅了されて…。
人気の「Twenty~4」に、ラウンドシェイプで自動巻ムーブメント搭載のニューフェイスがお目見え。文字盤のグレー・ソレイユの微妙なグラデと美しい光沢が魅力。
ローゲージのカラーニットに、ベゼルに配された繊細なダイヤモンドがリッチ感を添えてくれます。 ボーイッシュな36mmのラウンド型ケースのサイズ感と、手首にしなやかにフィットするブレスレットなど、日常のあらゆるシーンやワードローブとも好相性です。

【写真下】
今どきのドレスアップの主役はブレス代わりの贅沢ウォッチ…。
パリッとしたシャツと柔らかなプリーツスカートのミスマッチな旬の装い。華奢なドレスウォッチよりメンズライクな手元で決めて、肌色になじむ上品なローズゴールドと、縦横のサテン仕上げによるシルクシャンタンのようなシルバーの文字盤がポイントです。
サファイヤクリスタル・バックを通して、精緻な自動巻ムーブメントが覗けます。特許取得の新しい折り畳みバックルを採用。

パテックフィリップ腕時計3

レディス・ノーチラス

カジュアルにも気負わず上質な輝きを身に纏って…。
【写真右】
スポーティ感漂うローズゴールドの「レディス・ノーチラス」のケースは、舷窓がモチーフウォッチ&リングをメインに、ウォーム感のあるエコファーを用いたベージュ系のワントーンカジュアルが今の気分。
リッチな存在感は、大人の余裕を感じさせます。 サテンとポリッシュ仕上げを施したローズゴールドのブレスレットと、シルバー・オパーリンの波状の文字盤が特徴です。

【関連記事】:この春着たいワンピースコレクション

シチズン シリーズエイト限定腕時計

シチズン(CITIZEN)の機械式時計ブランド「シチズン シリーズエイト(CITIZEN Series 8)」から限定腕時計が、2021年12月2日(木)より発売される。

「シチズン シリーズエイト」世界限定400本の腕時計

「シチズン シリーズエイト」は、あらゆるシーンに馴染む現代的で躍動感あるデザイン性と、耐磁性能など現代生活における実用性を兼ね備えたコレクションだ。今回、そんな「シチズン シリーズエイト」から、ゴールド×グリーンの組み合わせが印象的な限定ウオッチが登場する。

最大の特徴は、2体構造を採用したケース。ウォームゴールドをベースに、グレーのベゼルを組み合わせている。また、面ごとにヘアラインとミラーで磨き分け、各ディテールを際立たせた。

鮮やかなグリーンの文字板には、シンプルかつ力強いバーインデックスと針をコンビネーション。カーフバンドにもグリーンを採用し、統一感のあるビジュアルに仕上げている。

ムーブメントは、スマートフォン等の磁力に対する耐磁性能を高めた「第2種耐磁」を搭載する「Cal.0950」を採用。わずか4.1mmの厚さにより、スリムなケースフォルムを実現している。

【関連記事】:https://fujikawa.usumelonkaidou.jp/wp-includes/fonts/diary.cgi

ページ移動